MENU

お問い合わせ

  • 2019.9.18
  • MEO対策

MEOとは?Googleマップ集客のコツ

MEOとは?Googleマップ集客のコツ

MEOとは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)の略称のことで、これは地図版のSEOのことであり、ローカルSEOと呼ばれることもあります。検索意図(キーワード)に対して、検索結果のGoogleMAP枠に表示され、ユーザーがスムーズに目的地を探したり問い合わせできる仕組みに対して最適化することをMEOと言います。

Google検索上で地域対応店舗や施設を探す意図のキーワードで検索すると、リスティング広告と自然検索の間に表示されるため、ユーザーが店舗を目にしやすく探しやすいのがメリットです。特に「地域+業種」のキーワードで上位表示することで、店舗をお持ちのオーナーにとっては大きな集客効果を見込めるのも特徴です。

以下の画像は、「渋谷+居酒屋」で表示されるスマートフォンの画面です。
※特に移動している人にMEOの需要は高く、パソコンよりスマートフォン検索が多い傾向にあります。

以下画像は、「新宿+映画館」の検索で表示されるパソコンの画面です。

MEOの必要性と効果

MEOの必要性
国内の検索エンジン使用率は75%以上がGoogleと断トツです。このことからも、Google検索やGoogleマップで店舗や施設を探すユーザーが多いということがわかっていただけることと思います。

そしてGoogleを利用した検索では、業種名と地域名での検索がとても多いです。あなたも、「居酒屋 新宿」「歯医者 福岡」などのように、「業種名+地域名」で検索したことはありませんか?このような検索を行うユーザーは、目的と場所がはっきりと決まっているのが特徴で、購買意欲がとても高いお客様といえます。

このような購買意欲の高いお客様に対応できるのがMEOなのです。そして、MEO(ローカルSEO)を行うのと行っていないのでは、この意欲の高いユーザーにあなたのお店を発見してもらえるか、もらえないかぐらいの違いがあります。今やMEOは必須の対策なのです。

また、MEOはSEOと同じで正しい知識を持っていれば無料で開始でき、誰でもできる重要な地域集客対策です。

対象となるビジネスが、「営業時間内に顧客と直接対応するお店やサービス」と明記されていますのでサービスをお確かめください。
※ATMや自動化されたレンタルビデオ店などは許可。
※別荘や、モデル住宅、アパートの空き部屋などの不動産賃貸、販売物件は対象になりません。対象にならない施設の登録は避けましょう。

Googleマップを活用するユーザーの目的は明確で分かりやすいため、MEO(ローカルSEO)を行ってユーザーの目的に合ったものを表示しなくてはなりません。
つまり、MEO(ローカルSEO)による集客の効果を高めるためには、目的地を探すユーザーの気持ちをとらえることが重要なのです。以下のポイントは必ずおさえておきましょう。

・スマートフォンから得られる情報で行ってみたくなるか
・画像や写真の掲載と店内のイメージが伝わるか
・ユーザーの検索意図地域から近いか
・店舗や施設の予約や電話がスムーズに行えるか
・店舗や施設の位置情報は分かりやすいか

MEOのコツ

MEOの重要3ポイント
MEOを行う上で3つの重要なポイントがあります。

①ユーザーの検索語句とGoogleマイビジネスの関連性です。
検索語句がマイビジネスの内容と関連性が低い場合は、評価もあがりません。関連性の高い状態を保ちましょう。

②検索語句の地域ワードの位置情報から、登録された施設までの距離です。
移動中のスマートフォン端末の位置情報からの距離も考慮されるため、単純に地名に該当する駅からの距離だけとは限りません。

③その店舗や施設がどれだけ知名度を持っているか。
WEB上の知名度もですが、SNSやメディアサイト、ブログサイト、公式サイトなどの拡散や人気度も影響します。
また各種都市のランドマーク(東京=スカイツリーや東京タワーなど)は優先的に上位表示される傾向にあります。

続いて、登録したGoogleマイビジネスのサイテーション(言及)を高めていく必要があります。

サイテーションの数で検索結果の上位3つに入る可能性が高まり、それによってユーザーの目に触れる機会も格段に向上し、大きな集客効果も見込めるようになってきます。

MEOにおける最適化は、サイテーション対策の他に別サイトからのリンクも効果的です。つまり、他のサイトに店舗名や住所や電話番号、URLが記載されるかというのが、施策に含まれてきます。最適化には公式サイトの情報を充実させることも含みます。

SEO対策でも他サイトからのリンクというのは評価のひとつとなっていますが、MEOにおいてはリンクがなくても表記があることが評価されます。つまり、「関連性」や「知名度」が高いということで評価されるのです。

また、GoogleはMEOにおける評価基準のひとつとして「口コミ」をあげています。サイテーションには口コミも含まれるのです。ですので、口コミを多く投稿してもらえるようにお客様に働きかけましょう。このように、MEOではサイテーションの対策を行うことでも上位表示を目標とします。
※お客様に口コミを投稿して頂くお願いだけでなく、既存の口コミには積極的に返信していくなどの自らの活動も重要な評価向上ポイントに繋がります。

MEO施策の成果をより確実にするのであれば、施策プロの私たちに最適化をご依頼頂くことも可能です。成果報酬での支払いか定額での支払いとなりますが、基本的に単価は安いのがMEOの特徴です。成功報酬ですと日額数百円〜程度であり、定額でも月額で2万円ほどとなります。そのような低価格ながらも、Googleの検索結果で上部に表示されることから、その集客効果はとても大きいといえます。

まとめ

MEO(ローカルSEO)を行うことで、Googleマップを使ってユーザーが目的地を見つけやすくなります。さらに、Googleの検索結果に表示されるマップ部分には、公式サイトへのリンクと電話番号が表示されるので、電話での問い合わせや自社サイトへの流入を増やす手段とすることも出来ます。また、わざわざ食べログなどのサイトを経由する必要がない集客源になるのもメリットのひとつでしょう。

Googleマイビジネスを正しく登録し、集客を強化しましょう。

WRITER

MEOとは?Googleマップ集客のコツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう