MENU

お問い合わせ

  • 2019.10.29
  • Googleマイビジネス

Googleマイビジネスの住所を変更する手順を解説

Googleマイビジネスの住所を変更する手順を解説

この記事ではGoogleマイビジネスの住所を変更する手順をお伝えします。
店舗(会社)が移転した、住所の登録を間違えてしまったという際にはこちらの手順に沿って修正を加えてみましょう。

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休)

お問い合わせはこちら

Googleマイビジネスの住所欄を変更する手順

まずはご自身のマイビジネスにログインし、情報欄を開きます。

次に店舗名の下に住所の入力欄がありますのでそちらをクリックします。

するとこのように住所を登録する画面が開きますので
・郵便番号
・住所
・ピンの位置

を変更していきます。
ここに入力した内容がGoogleマップ上でも表示されますので、「東京都渋谷区道玄坂1丁目2」のように正しい住所を入力しましょう。
ビルの上階にオフィスを構えているといった場合は住所欄で行追加ができますので、

「〇〇タワー 5F 」「〇〇ビル 101号室」といった風に詳細な住所まで入力しておきましょう。

次にGoogleマップ上に表示するピンの位置を調整します。
住所を入力した後にピンが表示されているマップのエリアをクリックすると、新しい住所に合わせてピン位置が自動で変更されます。
そのままの位置で良ければ問題ないですが、ずれている場合など微調整が必要であればピンをドラッグ&ドロップして正しい位置に調整しましょう。

ピンが正しい位置に設定できたら「適用」を押して住所の変更は完了です。
住所は比較的早くGoogleマップに反映されますが、適用されるまで少々時間がかかる場合もありますので焦らずに待ちましょう。

住所を変更せず新しくマイビジネスを作ってしまった場合

店舗やオフィスが拠点を移した際、今までのマイビジネスの住所を変更せずに新しくマイビジネスを立ち上げてしまったという場合。Googleマップ上には拠点が2つ存在する事になってしまいます。この場合は旧マイビジネスを削除する必要があります。

まずはGoogleマップで古い住所を検索し、旧マイビジネスを表示させます。
そうしたら「情報の修正を提案」から

「この場所を削除」を選びます。

すると削除の理由を選択できますので適切な理由を選択します。
あとは移転したことがわかる写真を用意し、Googleに送信します。

通知を送るとGoogleによって確認が行われ、移転している事が判断できればGoogleマップから旧マイビジネスを削除する事が可能です。

まとめ

以上がGoogleマップの住所を変更する方法でした。

Googleマップ上の住所はユーザーが店舗や企業を見つけるうえでとても重要な内容になります。
移転などで住所の変更が必要な場合は、できるだけ早くマイビジネス上の住所を変更しておきましょう。

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休)

お問い合わせはこちら

WRITER

Googleマイビジネスの住所を変更する手順を解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう