MENU

お問い合わせ

  • 2019.10.29
  • MEO

飲食店の集客にSEOをおすすめしない理由

飲食店の集客にSEOをおすすめしない理由

飲食店を経営されている方は、集客に悩まれていることと思います。「食べログやぐるなびに掲載するのがいいということはわかっているけど高い…」「ホームページを作ってもSEOとかわからないし」「SNSも使い方がわからない」などなど、インターネットを使った集客に悩まれているのではないでしょうか?

ここではそんな方に対して、低価格でできる集客方法であるMEO(ローカルSEO)の魅力、SEOを行うよりもまずはMEOをやるべき理由を説明します。

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休)

お問い合わせはこちら

飲食店の集客にMEOが強い理由3選

まず、飲食店の集客がMEOと相性が非常によいという理由を解説します。

1.スマホでの検索に強い

スマホユーザーのデータ

みなさんは外出先で飲食店を探すときに、どうやってそのお店を探しますか?スマートフォンで探すという方が多いのではないでしょうか。実際に、スマートフォンでの検索はとても増えています。

日本経済新聞によると(※1)、2018年の5月には「個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、初めてパソコン(48.7%)を上回った。」とのことです。検索においてはスマートフォンの方が使われているのです。

スマホユーザーの検索データ

また、2018年にLINE社が行った調査によると(※2)、「スマホのみ」での利用は増加傾向にあり、特に女性では約6割が「スマホのみ」という結果になっています。つまり、スマートフォンの検索において自分のお店を見てもらえれば、集客できる可能性が高いということであり、スマートフォンでの検索に対応するのはとても大事なのです。

※1:ネット利用、スマホがPCを逆転 総務省調査:日本経済新聞
※2:〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2018年下期) | LINE Corporation

そして、MEOはスマートフォンでの検索において特に威力を発揮します。

MEOとは「マップエンジン最適化」のことであり、自分のお店を検索結果のマップ部分に表示したり、ローカル検索から集客していく手法のことです。MEOはローカルSEOとも呼ばれます。このローカルSEOを行えば、近くにいる人に自分の飲食店のマイビジネスの情報を表示させることができるのです。

というのも、スマートフォンはユーザーの現在地のデータを取得しています。そして検索結果のマップ部分にも、自分のいる場所から近いお店を表示します。つまり、MEO対策を行うことで、お店の近くの人に、あなたの飲食店を紹介することができるのです。

MEO(ローカルSEO)について、さらに詳しく知りたい場合はこちらから!

あなたのお店の周辺で、飲食店を探している人に表示できるのでその効率の良さがわかるでしょう。そのお客様はすでに空腹であり、早くお店を決めたいと思っています。つまり、マップに表示されたお店に行く可能性が高いのです。

現代のユーザーは、お店をネット上で発見した後にスマートフォンでルート検索を行い、そのまま来店します。ルート案内までしてくれるので、マップを使うメリットが大きいのです。

MEOはこのように、スマートフォンでの検索において特に効果が高いので飲食店に向いているのです。

2.「地名+ジャンル」の検索に強い

スマートフォンでの飲食店の検索に関して、株式会社ジャストシステムによると、以下のような結果があるようです。

飲食店検索のワード

スマートフォンで飲食店を探す際、使用する人が最も多い検索キーワードは「地名とジャンルの組み合わせ」(29.9%)で、次いで「ジャンル1単語」(18.6%)、「店名1単語」(13.3%)、「サービス名1単語」(12.3%)でした。

引用:スマホでの飲食店検索は、3割が「地名とジャンルの組み合わせ」

スマートフォンで飲食店を検索する際には、「地名+ジャンル」で検索することが最も多いのです。確かに自分が飲食店を検索するときにも、「新宿 焼き鳥」とか「渋谷 イタリアン」などの検索をしていますよね。このようなキーワードでの検索結果において、目立つ位置に自分の店舗の情報を表示できれば、集客が増えるのは確実ですよね。

MEO(ローカルSEO)を行うことで、検索結果のマップ部分に表示することができます。そして、このマップ部分は検索結果の1位、つまりSEOの1位よりも上に表示されることが多いです。つまり、「地名+ジャンル」の検索結果において目立つことができるのです。

この位置に表示できれば、SEOを行って1位を狙うよりも容易に集客を増やすことができるでしょう。

3.口コミを集められる

飲食店を検索するときには、お客さんは口コミを調べることが多いです。あなたも食べログでお店を調べるときに口コミをチェックしませんか?つまり、口コミは集客にとって重要なのです。

Googleマイビジネスには口コミ機能があります。そして、この口コミには星評価がついていて、マップ部分でも星が目立って表示されます。この星評価がよくないと店舗への集客は難しいといえるでしょう。

Googleマイビジネスでは、口コミを自作自演するのはガイド違反ですが、MEOを行うことで多くの人がGoogleマイビジネスを見ることになります。それによって、現在口コミがないような店舗でも口コミの数を増やすことができるのです。そして良い口コミが増えることで、飲食店への集客を増やすことができるのです。

飲食店ではSEOよりもMEOを

食べログ画像

ポータルサイトはSEOに強い

次に、「食べログ」や「ぐるなび」など、SEOが強くて検索結果で上位に表示されることが多いポータルサイトとMEOではどちらがよいのかを考えます。

みなさんは、飲食店を探すときにどういうWEBサイトを見ますか?おそらく、「食べログ」や「ぐるなび」「Retty」などのポータルサイトを見て探すのではないでしょうか?

これらのポータルサイトは、サイト内にかなりのボリュームのページ数がありますし、ユーザーのニーズに応えているので、検索結果での上位化つまりSEOでとても強いです。「エリア名+焼き鳥」などと検索してみると、上位に表示されるのはほとんどがこのようなポータルサイトであることからも、そのSEOでの強さがわかります。

SEOよりもMEOがおすすめ

このように、SEOに圧倒的に強いサイトが上位を独占しているなかで、自店のサイトでSEO対策を頑張ってもなかなか成果は出ません。

こういったポータルサイトでは、お金を払ったり広告を出すことで、サイト内で上位に表示してもらえたりできるようです。ただし、そのための費用はとても高いです。

その点、MEOで表示される位置は、検索結果の上部ですし、競合があまりいないので上位表示がしやすいです。さらには、費用もこういったポータルサイトに支払う額と比べればリーズナブル。コストをかけてSEOに強いポータルサイトから集客するよりも、こと実店舗のある業態に関してはMEOのほうがコストを抑えながらもお客様を集客できる可能性があるのです。

つまり、飲食店はSEOよりもMEOを行うのがよいのです。もしまだMEOを行っていないという方がいたら、検討するのがよいと思います。

飲食店のMEO集客実績の事例

では次に、弊社のお客様で飲食店を経営されているお客様のMEO(ローカルSEO)の事例を紹介します。

東京都豊島区の居酒屋の集客事例

表示回数 ウェブサイトへのアクセス数 ルートの照会数 通話数
施策前 11433 14 24 1
1ヶ月目 15010 42 85 7
2ヶ月目 19867 63 187 11
3ヶ月目 20837 66 111 14
4ヶ月目 20918 47 77 30
5ヶ月目 21473 68 98 19
6ヶ月目 20602 67 105 10
7ヶ月目 22607 88 145 29
8ヶ月目 27549 116 172 23
9ヶ月目 32224 126 153 23
10ヶ月目 22241 87 171 24

豊島区にフランチャイズ展開している居酒屋の事例です。2019年1月31日現在もまだMEO施策継続中で、MEOの効果が顕著に表れる検索での表示やウェブサイトへのアクセス数、マップ上でのルート照会数、電話での問い合わせなどが大幅に伸びています

飲食店周辺のお客様に認知させるという点では、MEOが非常に優れているという点が顕著に表れた一例ではないでしょうか。

東京都新宿区の居酒屋の集客事例

表示回数 合計反応回数 ウェブサイトへのアクセス数 ルートの照会数 通話数
施策前 12771 154 46 94 14
1ヶ月目 26685 253 100 128 25
2ヶ月目 17718 143 52 81 10
3ヶ月目 16261 248 84 147 17
4ヶ月目 15430 216 65 130 21
5ヶ月目 21182 251 56 153 42
6ヶ月目 14084 214 62 137 15
7ヶ月目 10862 164 12 136 16
8ヶ月目 12658 209 12 165 32
9ヶ月目 22345 322 74 212 36

新宿区へフランチャイズ展開している居酒屋のお客様です。

キーワードの難易度が高く、表示が不安定な月もありますが(8か月目は表示0)、表示されている月は非常に良い数値がでています。

まとめ

ここでは、飲食店が集客するためにMEOがおすすめである理由を紹介してきました。食べログやぐるなびに頼りがちな飲食店の集客ですが、MEOからも集客ができるということがわかっていただけましたでしょうか?

スマートフォンが普及して、スマホによる検索が盛んな現代でこそ、MEO(ローカルSEO)を行うべきなのです。

Googleマイビジネスを使たMEOには大きなメリットがあります。コストも低いので、まずは試しにはじめてみてはいかがでしょうか?

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休)

お問い合わせはこちら

WRITER

飲食店の集客にSEOをおすすめしない理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう