MENU

お問い合わせ

Googleマップ集客

Googleマップ集客とは

Googleマップ集客は、Google検索で「地域名×業種」や「地域名×食べ物」などのキーワードで検索した場合、地域要素(地図)キーワードが含まれた検索結果の上部に「Googleマップ専用枠」(ローカルパック)が表示され、この上位3位に表示を狙う店舗集客施策になります。この施策をMEO対策(Map Engine Optimizationの略称)とも言います。

ローカルパックの上位表示を狙うためには、Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の登録と管理が欠かせません。Googleビジネスプロフィールは、Googleが自動的に検索ユーザーの位置情報を検知し、ユーザーに的確な情報を発信できるという利点があるため、効果的な集客手段として注目を集めています。

Googleビジネスプロフィール集客とは

Googleビジネスプロフィールが注目されている理由

スマホの、Androidは初期検索エンジン、iPhoneのブラウザSafariの初期検索エンジンということもあり、Google検索エンジンのシェアは7割以上を占めています。多くの企業や店舗がGoogle検索エンジンへの対策を強化しており、ユーザーが買い物やお店を選ぶ際の判断基準でも、検索エンジンが一番多いというデータが報告されています。 Googleビジネスプロフィールは、スマホの普及とともに「すぐにお店への行き方が分かる」「そのまま電話予約が出来る」「クチコミや評判が確認できる」など、高い利便性で大きくシェアを伸ばし、店舗集客のための最強ツールとなり注目されるようになりました。 Googleマップの集客増減はローカルパックへ上位表示や、正しい情報の管理、クチコミやその返信管理状況で変化するためGoogleビジネスプロフィールの施策・管理が重要だということになります。

Googleマップに表示される、以下の情報が正しい情報を配信できているか確認し、改善を進めていきましょう。

  • 店名
  • 住所
  • 営業時間
  • 業種
  • 電話番号
  • クチコミ評価
  • 商品や店舗画像
  • その他投稿情報
Googleビジネスプロフィールが注目されている理由

Googleマップ集客のための、3つの対策方法

①自分で対策する

Googleビジネスプロフィールは無料で登録・更新できるため、正しい知識で更新を続けることで上位表示を狙うことも可能です。上位表示を狙うには「知名度」「距離」「関連性」の要素が重要ということも公式に公開されていますので、公式ガイドラインを参考にするのも良いでしょう。

↓Googleのビジネスガイドラインを参考にされたい方はこちら
Googleビジネスガイドライン

②自分でツール活用しながら対策する

「複数店舗の情報管理」「複数店舗への一括投稿」「日々の順位チェック」「外部からの情報改ざんへの対応」「投稿の予約管理」「クチコミの返信管理や促進」「SNS連携」など、自分で対策するにしても、それなりのリソースが必要となります。Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の一括管理ツールを活用すれば、業務効率を大幅に削減しつつ最大効果を狙っていける施策が出来るためおすすめです。

③運用代行を依頼する

煩雑な管理業務を運用代行依頼し、ご自身のリソースは店舗運営業務優先にすることで集客と接客を両立させることが可能となります。
フリースクエアのGoogleマップ集客(MEO対策)は、7,100店舗のMEO対策実績が有り、上位化成功率は90.5%です。サポート担当者に丸投げできるため、知識ゼロから始められるのも強みです。

フリースクエアのGoogleビジネスプロフィール集客の違い

ご相談・お問い合わせはこちら

03-6690-162110:00 - 19:00 (土・日・祝日除く)  

サービスに関するご質問など、こちらからお問い合わせください。

営業時間外のメールにつきましては翌営業日にご返信させて頂きます。