MENU

お問い合わせ

  • 2019.10.29
  • MEO

MEO対策のメリット・やり方・方法まとめ

MEO対策のメリット・やり方・方法まとめ

MEO(Map Engine Optimization)対策とは?

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で、「マップエンジン最適化」「ローカルSEO」などとも呼ばれます。Google検索の順位を決める検索エンジンがあるように、Googleマップにも順位を決めるマップのエンジンがあります。このGoogleマップのエンジンに最適化するのがMEO対策です。

そして、Googleマップでお店のページを上位に表示するために行う施策のことをいいます。

例えば、Google検索で「渋谷 居酒屋」や「新宿 ホテル」などのように、「地域名+業態・サービス」のキーワードで検索をした際に、検索結果の1ページ目上部にGoogleマップが掲載されているエリアがあると思います。これはローカルパックとも呼ばれていますが、2019年4月現在、Google検索結果のGoogleマップ専用枠はこのように表示されています。

現在、検索結果に表示されるGoogleマップ専用枠は、検索結果の上位3店舗のみが表示される仕様になっています。ここに表示することで多くの人の注目を集めることができます。ただしこれは、数多くの店舗が競合している中で、上位3店舗しか表示がなされないということなのです。

つまりMEO対策とは、このGoogleマップ専用枠の3位以内に、特定の店舗を表示させるために最適化を図っていくことを指します。Googleマップ専用枠の3位以内に表示することで、同じエリアの競合店舗への流入を抑えながら、自店舗への集客を促すことができるのです。やり方としてはSEOと同じように、GoogleMapのエンジンに最適化をします。

これまで様々なWEB集客の対策をしてきたけれども、費用がかかるばかりでなかなか効果を実感することができなかった、という経験をお持ちの方もいるかと思います。そんな方こそ、行うべきなのがMEO対策です。MEO対策はリスティング広告を出稿するよりも、SEO対策に時間と費用を費やすよりも、はるかに費用対効果のいい施策です。ぜひ、MEO対策をすることをおすすめいたします。以下に、MEO対策のやり方を紹介していきます。

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休)

お問い合わせはこちら

MEO対策が重要な理由

検索結果で目立つ

マップ専用枠の部分は、検索結果で目立つ位置にあります。検索結果では、一番上にはリスティング広告が表示されるエリアがあり、次にマップ専用枠が表示され、その下に自然検索の結果が表示されます。つまり、以下のような順になっているのです。

  • リスティング広告
  • Googleマップ表示エリア
  • 自然検索結果

SEOを行い自然検索結果で順位を上げるのは、競合も多いので難しいですが、MEOであればそこまで競合もいないので比較的難易度が低いです。にもかかわらず、SEOで上位表示するよりも目立つことができるのです。

検索結果で目立つこのエリアに表示できるMEO対策はとても重要なのです。

GoogleはローカルSEOを重視している

GoogleはローカルSEOを重視しています。というのも、2014年には「ヴェニスアップデート」を行い、ユーザーのいる場所によって異なる検索結果を表示する、というアルゴリズムの変更を行いました。

例えば、札幌にいるときに「居酒屋」とスマホで検索したとします。そのときに、自分のいる周辺の居酒屋の候補を紹介してくれるという変更なのです。札幌にいるのにも関わらず、東京のお店を紹介するということがなくなったのです。そしてこのアップデートにより、Googleマップ専用枠が上部に表示されるようになったのです。

Googleは位置情報に即した検索結果を表示する、ということをGoogleは重視しているのですね。

また、Googleは自動運転車の事業を行っていることからも、マップ事業に特に力を入れていることがわかります。マップ情報が網羅されていれば、自動運転で行きたいところに行けるからです。GoogleがテレビCMで頻繁にGoolgeマップの紹介をしていることからも、Googleマップに力を入れていることがわかります。

MEO対策のメリット6つ

MEO対策をなぜ行うべきなのか、MEO対策を行うことの6つのメリットを解説していきます。

メリット1.集客に直結しやすい

上でも解説をしましたが、MEO対策は「渋谷 居酒屋」や「新宿 ホテル」などの、「地名+目的」のキーワードでのGoogleマップ専用枠における上位表示を目指すことです。

検索結果の上部のマップ部分に表示されることで、ボリュームがある検索において表示することができます。それによって、多くの人を集客することができるのです。

また、これらのキーワードは目的が決まっているユーザーなので、集客しやすいということがいえます。Googleの検索で、「居酒屋」や「ホテル」などのキーワード単体で検索をするユーザーは、居酒屋チェーンの一覧を探していたり、ホテルのサービスにどんなものがあるのなどを調べていたりと、ユーザーによって知りたい内容にばらつきがありその目的は不明瞭です。

しかし、「地域名+業態・サービス」のようなキーワードで検索をするユーザーは、「渋谷の居酒屋を探している」「新宿のビジネスホテルを検索したい」など、目的がはっきりとしています。現地に足を運ぶことを前提として検索をしており、どの店舗に行くのかを検討しているため、ユーザーは意欲がかなり高いのです。

MEO対策では、このように目的が定まった意欲の高いユーザーに対しアプローチを行なうことで、非常に高い集客効果が見込まれます。

メリット2.クリック率が高い

2018年8月現在、Googleマップ専用枠は自然検索結果よりも上に表示される仕様となっています。これまで多くの時間と費用を費やしてSEO対策を実施して上位に表示されているサイトよりも、さらに上位に表示をすることができる、つまりクリック率が高いということがいえます。

Googleマップ専用枠は、周辺地図とともに3つの店舗名が並び、さらにその3店舗はマップ上にマークされた状態で表示されます。検索結果上でより目立つように表示がされているため、ユーザーのクリックを促しやすいのです。これはパソコンでの検索だけでなく、スマートフォン上でも同様です。

Google検索結果で1位にあるサイトのクリック率は21.12%(※1)と言われています。つまりMEO対策により、Googleマップで上位表示すれば、21%以上の確率でクリックしてもらえる可能性があるのです!

それでも「リスティング広告よりは下の表示ではないか?」とお思いの方もいると思いますが、実は近年リスティング広告のクリック率(CTR)は徐々に下落してきているため、Googleマップ専用枠のクリック率のほうが高くなっています。これは、多くの人がリスティングの位置にあるものは広告であると認識したからといわれています。あなたも検索したときにリスティング広告の部分は見ないで、検索結果のみを見ていませんか?

さらにGoogleの検索結果では、現在位置を反映した検索結果が表示されます。マップ専用枠にも自分のいる位置から近い店舗が表示されます。ユーザーは自分に近い位置にあるお店を見つけられるので、MEO対策ではクリック率が高くなるのです。

※1:https://webtan.impress.co.jp/e/2017/08/04/26491

メリット3.スマートフォンユーザーを集客

MEO対策を実施後、Googleマップ専用枠に店舗情報が上位表示されることで、特にスマートフォンユーザーを集客できます。

スマートフォンはパソコンよりも画面が小さいので、検索画面で一番初めに目に入る部分(ファーストビュー)にマップが画面いっぱい表示されます。それによってスマホではマップに載った店舗がタップされやすいのです。

また、スマートフォンだからこそ利用できる機能もたくさんついています。例えば、検索結果のマップ部分には電話ボタンが表示されるので、タップひとつで予約の電話をかけることができますし、
Googleマップにも連動することができるので、今いる現在地から店舗までの経路情報も簡単に検索することができます。

このようにマイビジネスではユーザーの手間を省き、タップ1つで行動を起こせる仕様となっているので、予約や問い合わせ、来店のアクションを増やすことができるのです。スマートフォンを利用するユーザーを集客できる可能性が高いことがメリットといえるのです。

メリット4.豊富な機能を利用できる

MEO対策でGoogleマイビジネスへ登録を完了すれば、Googleストリートビュー(屋内版)の導入が可能になります。自分の施設の屋内をストリートビューで撮影し、360°のパノラマ画像を自分の店舗ページに表示することができます。

このメディアを運営している私たちフリースクエアは、Google認定フォトグラファーの資格を持っておりパノラマ写真の撮影をしております。ご依頼は、お問い合わせフォームから承っております。お気軽にお問合わせください。

その他にも、Googleマイビジネスにある「投稿」機能を活用すれば、Googleマイビジネスの店舗ページでブログのように最新の情報を発信、更新することができるというメリットがあります。

それだけでなく、ユーザーの口コミに返信をすることができるので、お客様とのコミュニケーションにも利用できるのです。WEBサイトやFacebookやTwitterをやらなくてもお客様に情報を届けることができるのです。

このように、MEO対策によってGoogleマイビジネスの豊富な機能を利用することができ、集客につなげることができるのです。

Googleストリートビュー(屋内版)についてはこちらの記事で詳しく解説しています。店舗について最大限に知ってもらえる手法ですので是非ご一読ください。

投稿機能を使ってできる施策はこちらの記事からご確認ください。マイビジネスという1つのプラットフォームで多様なお客さんにアプローチできる方法です。

メリット5.競合が少ない

MEO対策は店舗にまだまだ浸透していないのが現状です。MEO対策を行っている店舗や企業は少なく、「地域+目的」のキーワードで上位表示しやすい状態にあります。競合企業が露出していないところで表示ができるので、競合からシェアを獲得することができるのです。

さらに、クーポンを配ったり、予約ページへのボタンも設置でき、他社が出していない情報をいち早く提供することで顧客を獲得することができます。MEO対策をしてGoogleマップ専用枠に表示されると、早く表示されたものがある程度上位に来やすいこともあります。要は早いもの勝ちでもあるので、MEO対策はなるべく早く行うのがおすすめです。

メリット6.コストがかからない

MEO対策は、Googleマイビジネスの情報を最適化する施策です。WEBサイトをイチから作るのと違い、工数を抑えることができます。

MEO業界における単価は比較的低価格です。というのも、MEO対策の支払いは成果報酬であることが多く、上位表示した場合にのみ日額900円程度で施策を行うことができます。

上位表示をしなければ支払いがないので、個人経営の方や広告費の予算があまりとれないという企業の方にも人気です。そしてコストの割に集客につながり、コストパフォーマンスがいいこともメリットです。

MEO対策のやり方【9ステップ】

やり方1.Googleマイビジネスに登録

MEO対策を実際に進めていくには、まずはGoogleマイビジネスへ店舗の情報登録をすることと、ご自身が登録店舗のオーナー(登録店舗に対する権限を持つ立場)であることを確認するための、オーナー確認の手続きが必要となります。Googleマイビジネスへの店舗登録と、登録店舗へのオーナー確認の2点を進めていくためには、Gmailアカウントが必要となりますので、こちらも事前に登録を行なっておきましょう。

Gmailアカウントを取得したら、手続きを順次進めていきます。詳細な手順に関しては、「Googleマイビジネスの登録方法について」の記事をご参照ください。

マイビジネスへの登録の簡単な流れは以下です。

  1. Google検索でログイン
  2. Google検索で「Googleマイビジネス」と検索
  3. Googleマイビジネスにログイン
  4. 「ビジネス名を入力してください。」に店舗名を入力。
  5. 「ビジネス所在地」に店舗の住所を入力。
  6. 配達や出張サービスを行っている場合には、「商品配達や出張型のサービス提供を行っています。」にチェックをつけてください。
  7. マップで所在地を設定。
  8. ビジネスのカテゴリを設定しましょう。
  9. 「ユーザーに表示する連絡先の詳細を入力してください。」に連絡先を入力。

ただし、店舗情報を既にGoogleが自動生成していてオーナー登録だけが済んでいない場合などもあります。その場合は、以下の手順で登録を行いましょう。

  1. 自分のお店をGoogleで検索
  2. 「このビジネスのオーナーですか?」というリンクをクリック
  3. 「このビジネスを管理する権限を持っており、利用規約に同意します」を選択
  4. 電話かメール、はがきにて「確認コード」を受け取る
  5. Googleマイビジネスの管理画面で「オーナー確認を行う」をクリック
  6. 先ほど受け取った「確認コード」を入力

また、既にGoogleマイビジネス上では店舗情報は登録されているものの、管理者がわからないといった場合には、それぞれの状況に応じた対応が必要になりますので、手順を間違えないように注意しましょう。

やり方2.Googleマイビジネスの情報最適化

Googleマイビジネスへの店舗情報登録と登録店舗のオーナー確認が完了したら、次はその店舗の情報として実際にGoogle上に掲載される部分を編集していきます。店舗名をはじめ、業種のカテゴリ・住所・定休日や営業時間、電話番号、ウェブサイトのURLの登録を行います。こちらの情報は正確かつ漏れなく入力しましょう。

その他にも、プロフィール写真やロゴ、店舗の内観や外観の写真等を追加していくことができます。一部の業種においては属性を追加する事も可能です。例えば飲食店などでは、「テラス席あり」「wifi対応」などの属性を追加し、検索してきたユーザーに対しその情報を公開することができるようになります。

ユーザーを迷わせないために、MEO対策ではなるべく多くの情報を提供するようにしましょう。Googleマップのアルゴリズムに沿って情報を入れていくことが大事ですし、ユーザーに対してたくさんの新しい情報を与えられるように、Googleマイビジネスの情報をより豊富に、正確にしていくことがポイントです。

やり方3.検索ワードとマッチさせる

Googleマイビジネス内に入力されている情報が、ユーザーの検索ワードとマッチしていることがMEO対策では上位表示に繋がります。Googleマイビジネス内の情報を豊富にしていくことで、ユーザーが求める情報として検索ワードに対してマッチしやすくなり、Googleマイビジネスがユーザーに発見される可能性が高まります

また、ユーザーが検索しそうなキーワードを入れるのも大事です。たとえば飲食店であれば、料理のジャンルや料理名、宴会やデートなどのキーワードを入れるのもよいでしょう。

やり方4.最新かつ正確な情報を記載

MEO対策では、Googleマイビジネス内の情報を出来る限り詳細に入力するだけでなく、さらに変更があった場合には随時更新していくようにしましょう。

Googleマイビジネスに入力されている情報と、Googleが集積した情報が一致しない場合や、ユーザーが修正報告をした場合などには、Googleマイビジネス内の情報が自動的に修正・更新される場合があります

その際はGoogleマイビジネスログイン後の画面で、情報が更新された旨が通達されますので、日々確認をするようしましょう。そこで誤った情報に更新された場合には、適宜修正を行うようにしましょう。

やり方5.通常営業時間と特別営業時間

見落としがちな部分ではありますが、営業時間も正確な情報を都度更新することが大切です。

たとえば月曜日が定休日、祝祭日は営業を行っているという店舗があった場合です。月曜日が祝日だった場合に、特に何もしなければGoogle上では「定休日」として扱われてしまい、そこでユーザーを取り逃してしまうことになりかねません。

そのために、数ヶ月先の祝日スケジュールまで常に正しい情報で埋めていくようにしましょう。

やり方6.ユーザーとコミュニケーションをする

Googleマイビジネスの特徴として、ユーザーとビジネスオーナーがコミュニケーションを図ることができるという点があります。これもMEO対策における情報の正確性に関わります。多くの人とコミュニケーションをすることによって、多くの正確な情報が提供されることになるのです。

ユーザーが口コミを投稿した後に、その口コミに対して返信ができるのです。ユーザーからの口コミや意見に逐一返信対応を行うことで、各ユーザーの様々な意見を尊重していくことができ、ブランディングという観点からも有効に活用していくことができます。

さらに、まだ訪問に至っていないユーザーがそのやり取りを見ることで、お店のスタッフの人となりがわかります。人は見知らぬお店に行くのに抵抗があります。そこで、丁寧に対応しているスタッフの声が載っていたらどうでしょう?安心して店舗に足を運べるのではないでしょうか。口コミに返信を行うことで、お客様が現地に足を運ぶ可能性を高め、良い循環を作っていくことができるようになるのです。

やり方7.写真を使用

GoogleはGoogleマイビジネスにおいて、なるべく正確な情報を提供するということを重視しています。写真を豊富に入れることによって、店舗の外観や内観、サービスについて豊富な情報を提供することができます。MEO対策として、写真を投稿するのは有効な手段なのです。

Googleマイビジネス上に写真を掲載することで、ユーザーは求めている情報をもっと得やすくなります。店内の様子や内装、設備を知ることでユーザーはお店を訪れた際の自分をイメージしやすくなります。

文章だけの情報と、文章と写真の情報があった場合に、文章に比べ写真は予約率が1.5倍にも上昇するというデータもあります。まだ写真を追加していない場合には、撮影を行い写真をたくさん追加していくようにしましょう。

やり方8.ネット上の露出を増やす

MEOでは、「知名度」が順位決定のひとつの要素となっています。現にGoogleのヘルプには以下の説明があります。

ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。

また、知名度の高い施設や店舗というのは、ネット上で多くの記事が書かれますし、SNSなどでも拡散されます。Googleはこのようなネット上の知名度も参考にしているのです。

「ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。」という説明があるように、ネット上に多くの情報があるほどMEO対策でも効果があるのです。

ブログやSNSなど、色々な媒体で積極的に情報を掲載するようにしましょう。

やり方9.ガイドラインに違反しない

MEO対策においては、Googleマイビジネスのガイドラインに従うことが重要です。これに違反した場合にはマイビジネスの利用を停止されることがあります。特に注意したいのは以下です。

掲載対象のビジネスか

Googleのガイドラインには、マイビジネスを利用できない業種が書かれています。それは以下です。

別荘、モデル住宅、アパートの空き部屋などの不動産賃貸物件や販売物件。ただし、販売または賃貸業務を行うオフィスはオーナー確認の対象になります。所有権や代表権を持たない場所で継続的に実施するサービス、教室、集会。

つまり、不動産の賃貸・販売物件は登録できないということです。不動産の仲介業者などは登録ができます。また、自分で借りていない公共の施設や教室・教会・区民センターなどでは、マイビジネスを登録することができません。

正確な情報を掲載する

MEO対策を行うときには、掲載する情報は正確なものに統一しましょう。提供している商品やサービスについて、ユーザーの誤解を招くような表現をしてはいけません。

また、誤字や意味不明な文言はマイナスとなりますので、誰が読んでもわかるような文章にしましょう。表記ゆれなどもなるべくなくして、店名や電話番号・住所は統一するのがおすすめです。

特別キャンペーン・特別料金などを強調しない

「すべて50% 引き」「地元で人気のベーグルが 500 円!」などのような、過度な割引を強調する文言は利用することはできません。

医療や美容に関しても、「痩せる」「治る」などの文言は使うことができません。細かなルールはガイドラインに掲載されていますので確認しましょう。

Googleマイビジネスのペナルティについてはこちらの記事で詳しく取り上げていますので確認しておきましょう。

まとめ

MEO対策は、店舗集客においては非常に有効な手段です。これまで主流とされていたSEO対策やリスティング広告の出稿に比べて、新しい手法ですのでまだ競合が少ない状態ですが、将来確実に注目を浴びると考えられます。多くの会社がMEOに取りかかり始めていますので、MEO対策を検討されるのであれば、なるべく早めに行うことをおすすめいたします。

弊社では、Googleマイビジネスの登録から、Googleマップ専用枠における上位表示までを一貫して代行することが可能です。MEO対策をしたいけどどうやったらいいかわからない、MEO対策をする時間や人員がいない、という方は是非一度弊社にご相談ください。MEO対策に関するお問合わせは、下記のお問い合わせから承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休)

お問い合わせはこちら

WRITER

MEO対策のメリット・やり方・方法まとめ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう