MENU

お問い合わせ

  • 2021.7.30
  • MEO

MEO対策とは?具体的なやり方と上位表示の仕組み

MEO対策とは?具体的なやり方と上位表示の仕組み

近年、WEB集客に関してリスティング広告やSEOなど様々な手法が広まってきました。
実際に店舗集客において対策している方が多いと思います。

しかし、「MEO対策」は聞いたことはあるが実際に取り組んでいる方は少ないのではないでしょうか?

「MEO対策」はリスティング広告やSEOに比べて「安価」や「短期間での効果が見込める」など魅力的な対策です。

本記事では「MEO対策とは」何?どうすればいいの?
と思っている方に対して、メリットから上位表示の仕組みをご説明していきます。

また、実際のやり方についても4つのポイントを交えてご紹介します。

あまり知られていないからこそ「MEO対策」に効果が期待できます。
店舗集客でMEO対策を考えている方はぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

【全国対応】MEO対策の無料相談はこちらから

お問い合わせはこちら

MEO対策とは?

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称で、Googleマイビジネスを活用して自分の店舗情報を最適化しGoogleマップで上位表示させる対策です。

オーガニック検索の結果において、Webサイトを上位表示できるよう最適化することをSEO(Search Engine Optimization)といいますが、このSEOの地図バージョンと捉えてください。

そのためMEOは「ローカルSEO」とも呼ばれています。

Google検索エンジンで「渋谷+居酒屋」「新宿+眼科」など「地域名+サービス・目的」のキーワードを入力すると、検索結果に店舗や病院がマッピングされたGoogleマップと共に表示されます。

この検索結果に表示された専用枠をローカルパックといいます。

「地域名+サービス・目的」で検索した際、ローカルパックに表示させるために情報の最適化を図っていくことです。

MEO対策とは1
MEO対策とは2

なぜMEO対策が必要なのか?

「MEO対策」という言葉を新聞やメディアで取り上げられているのを最近よく見かけるようになり、店舗型のビジネスにおいて新しい集客手法の一つとして注目されています。

Googleが2014年に実施したベニスアップデートにより、地域性の高いキーワードに対して、ユーザーの現在地や地域性を考慮した検索結果が表示されるようになりました。

大きな変動としてはニューラルマッチング(意図・意味・概念を理解する人工知能のような機能)がローカル検索にも導入され、ユーザーの意図やキーワードを理解するためのアップデートが繰り返されています。

すなわちGoogleでは「ローカル検索が重視されている」ということです。

Googleの調査では、「店舗探しの際には44%の人がGoogleマップを利用している」と言われており、ローカル検索をした「平均41%が検索後にローカルパックにクリックしている」と報告されています。

この調査結果を踏まえるとWEB上で店舗集客を行うにはMEO対策は非常に効果があるといえます。

次にあげる2点はMEO対策を行うにあたって考慮すべき点です。
何が重要か解説していきます。

Googleマイビジネスの情報を正しく保つことの必要性

Googleマイビジネスを活用する上で理解しておかないといけない点があります。

Googleマイビジネスの情報は第三者が勝手に編集出来る点」です。

本来はGoogleマイビジネス管理者自身が最新で正しい情報を常に維持、発信することを目指しています。

ですが、実際にその店舗に足を運んだユーザーが、Googleマイビジネスに記載されている情報と実際の状態が異なっていた場合には報告を行い、その報告に基づいて情報の書き換えがなされる場合があります。

この仕組みを利用して、悪意を持ったユーザーが情報を改ざんし、閉業や休業などに変更して妨害行為をされてしまうこともあります。

Googleマイビジネスでオーナー登録をしておくことで、これらの情報改ざんに関しては通知が来るため自身で対策することができます。

掲載料が高額なポータルサイトの必要性

公正取引委員会の調査では店舗集客においてポータルサイトを使用している人は63%と言われています。

一見、店舗集客におけるポータルサイトは有効だと思います。

以下の情報は2021年4月にユーザーが店舗検索に使用する媒体の調査を纏めたものです。

1回目調査(2020年1月) 2回目調査(2021年4月)
グルメサイト 78.9% 70.3%
Google検索 48.3% 62.6%
Googleマップ 30.2% 35.6%

※テーブルチェック調べ

1回目から2回目までの1年3か月で
グルメサイト→-8.6%
Google検索→+14.3%
Googleマップ→+5.4%
という結果になっています。

また、2回目の調査でユーザーの3割は「グルメサイトの点数やランキング表示は信用せず」と言われています。

この様にユーザーが検索する媒体は変わっていき、ポータルサイトの認識も変わってきてます。
ユーザーの流れがポータルサイトからGoogle媒体へと変化してきているということです。

飲食店ポータルサイトの利用料金については月額プラン制や従量料金制があり、別途で初期費用がかかるサイトもあります。

月額プランは、ランクの低いプランで平均3000円~10,000円ほどで利用できます。
ですが実際にポータルサイト利用で成果を上げようとすると

  • 店舗ページを上位掲載
  • 店舗ページのカスタマイズ
  • 掲載情報の追加
  • 宴会などの特集オプションに参加
  • トップページのバナー表示
  • クーポン発行

などの多くの施策が必要となってきます。

一般的にランクの低い月額プランには上記の様な施策が盛り込まれておらず、
もし成果が見込めるプランで対策をする場合は平均で30,000円~50,000円以上かかると思っておきましょう。

もう一つの料金制度として、従量料金制です。

従量課金制で課金の対象となるのは、送客手数料や予約手数料などです。
初期費用は無料であるものの予約1件につき数百円~数千円、もしくは数%の手数料がかかります。
こちらは集客施策が盛り込まれてない、ただ掲載するだけの場合が多いです。

このように月額掲載料や送客手数料で「価格が高い」ことがわかります。
果たして本当に必要なのかこの機会に考え直してみてはいかがでしょうか?

のちにメリットでも上げますが、Googleマイビジネスの使用は無料で機能も充実しています。
コストが無料で将来性が期待できるため、店舗集客におけるMEO対策かなり必要性が高いと思います。

MEO対策のメリット

MEOは情報の最適化を図る対策ですので、SEO同様に対策するのとしないのでは表示順位に差が出ます。順位に差が出るということは、ユーザーがあなたの店舗情報を目にする機会に差が出るということです。

SEOでも検索結果1ページ目(10位以内)に表示されているサイトと2ページ目以降(11位以降)に表示されているサイトではクリック率に大きな差が出ます。

しかし、MEO対策と聞くとついつい面倒なことが多いのでは?SEOと何が違うの?などそんな風にお考えの方も多いと思います。

これから始めようと考えている皆さんに手順だけでなくメリットについても詳しく解説します。

メリット①SEOと比べて短期間での効果

1つ目はMEO対策がSEOと比べて短期間で効果が望めることです。

SEOはコンテンツ作成や内外部構造の整備など、サイト全体の情報に対して対策をしなければなりません。また、SEOは競合性が高く成果が出るまで時間が掛かります。

成果が出るまでの時間はSEOが一般的に6ヶ月~1年と言われており、MEO対策は早ければ1週間ほどで成果が出てきます。

SEOより短い期間で成果が出るのはMEO対策のメリットとなります。

メリット②見込み顧客の集客率が高い

2つ目は見込み顧客の集客率が高いことです。

MEO対策は「渋谷+ラーメン」「新宿+眼科」など、「地域名+サービス・目的」で検索したときに表示されるローカルパックに上位表示させることを目指します。検索するユーザーは既に目的が決まっているので、表示されるとそのまま集客に直結しやすいということです。

「居酒屋」や「病院」などのキーワード単体で検索するユーザーは、居酒屋チェーンの一覧を探していたり、祝日に営業している病院を調べていたりとユーザーによって知りたい内容は様々です。

しかし、「地域名+サービス・目的」のようなキーワードで検索するユーザーは、「渋谷の居酒屋を探している」「新宿で眼科を探している」など、目的が非常にはっきりしています。

また、今すぐ探している、今すぐ目的地に行きたいなど、現地に足を運ぶことを前提に検索しているはずなので、行動を起こすまでのスピードが非常に早いことも特徴です。

MEO対策はこのような意欲の高いユーザーを対象にアプローチしますので、非常に集客につながりやすいこともメリットの1つです。

メリット③競合が少ない

3つ目は競合が少ないことです。

単純にMEO対策を行っている店舗が少ないということです。

SEOやリスティング広告を行っている店舗は多いが、MEO対策は認知度低いため取り組んでいる店舗は少ないです。そのためMEO対策を早く始めれば、行っていない競合他社よりも集客の機会を増やしていくことができます。

もし競合店が行っていないうちに対策ができれば比較的短期間で上位表示が達成する可能性が高いということです。

メリット④口コミが集められる

4つ目は口コミが集められることです。

皆さん、普段お店を探すとき、場所や利便性も加味すると思いますが、内容を重視しませんか?せっかく行くのであれば、評価の良いお店に行きたいですよね。

Googleアカウントをもっているユーザーであれば、誰でも手軽に書き込むことが可能で、誰でも見ることが可能です。
良い口コミはユーザーに対しての安心感、信頼感に繋がります。
また、悪い口コミが書かれた場合は企業努力するポイントだと思い素直に改善していきましょう。

このように口コミでお店の評判が集まりやすいのもMEOのメリットと言えるでしょう。

MEO対策のやり方

では、「いざMEO対策しよう!」と思っても何から取り掛かれば良いかわからないですよね。

そんなお悩みの方にMEO対策で重要な4つのポイントをご紹介します。ポイントをしっかりと押さえ、Googleマイビジネスの情報最適化をはかりましょう。

【ポイント1】Googleマイビジネスへ情報を登録し積極的な更新をしましょう

1つ目は情報登録と積極的な更新です。

MEO対策Googleマイビジネス登録

そもそもGoogleマイビジネスとはGoogleマップ上で自分の店舗を表示させることができるサービスです。

  • 店舗名称
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • 公式ウェブサイトのURL

など、自身が持っている提供可能な情報は全てGoogleマイビジネスへ登録することをおすすめします。

また、営業情報の更新や投稿機能活用など反映ができる情報は積極的に更新しましょう。

登録している情報量と積極的な更新によって順位に大きな影響を与えます。
Googleマイビジネスへの登録はMEO対策を始めるための第一歩で、積極的な情報更新はMEO対策の重要ポイントとなります。

Googleマイビジネスの詳細な登録の手順がわからない方は以下の記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。

【ポイント2】サイテーションを獲得しましょう

2つ目はサイテーションの獲得です。

サイテーションとは、他のサイトでの引用、自店舗への言及ということです。Googleはオンラインでの知名度をランキング評価の一部としてみています。

情報を収集する過程で、認知度などを計測しているため他のWebサイトやSNSでGoogleマイビジネスのページを紹介されると、「この媒体は知名度がある」と理解しGoogleから高く評価されます。

Googleマイビジネスの基本情報の登録が完了したら、InstagramやFacebookなどのSNSから自身の店舗情報を発信してみましょう。

サイテーションについて気になる方は以下の記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。
この機会にSNSやホームページを見直して活用してみるのはいかがでしょうか?

【ポイント3】投稿を活用してみましょう

3つ目は投稿機能の活用です。

GoogleマイビジネスにはSNSのように最新情報を随時発信できる機能があります。これが投稿です。

MEO対策において投稿を活用することが大切である理由は2つあります。

MEO対策で投稿が大切な理由1

店舗でイベントや特典を企画したところで、その情報がユーザーに伝わらないと意味がありません。

投稿で、このような情報をリアルタイムでネット上に公開できますので、集客に繋がりやすくなります。

MEO対策で投稿が大切な理由2

Googleは常にユーザーの為になる最新情報を届けたいと考えています。

何度もお伝えしていますが、Googleはマイビジネスを最新の状態に保つことを推奨しています。
定期的な投稿は、Googleから「新しい情報が公開されている!」と判断され、成果に繋がりやすくなります。

また、使い方や注意点などGoogleマイビジネスの投稿に関して以下の記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。

投稿を活用し、ユーザーにあなたの店舗情報を知ってもらうだけでなく、集客に繋がる流れも作っていきましょう。

【ポイント4】口コミは積極的に返信しましょう

4つ目は口コミの活用です。

口コミはGoogleマイビジネスの重要な機能の一つです。

ローカルパックには、口コミ評価の平均点と数が店舗名の真下に表示されます。
その為、MEO対策をとる上で、口コミの管理は非常に重要な役割を果たすとともに、様々なメリットもあります。

この機能を最大限活用するために、以下はしっかりチェックしておきましょう。

☑ 口コミの返信はGoogleが推奨している

まず、書き込みされた口コミに対して返信することはGoogleが推奨しています。Googleが推奨していることの実行は、評価に繋がるため、返信は積極的に行いましょう。

MEO対策5

☑ お客様との信頼関係を構築できる

Googleマイビジネスの口コミ機能は、お客様とのコミュニケーションツールとしても活用できます。書き込まれた口コミに返信することで、信頼関係の構築に役立てることも可能です。

返信する際に、感謝の意と共にお店の最新情報や関連情報をお知らせすることで、リピーターになる可能性も高まるでしょう。

☑ 好感度を高めることができる

口コミはGoogleアカウントを持っていれば誰でも書き込むことが可能です。好意的な意見もあれば、厳しい意見を書かれることもあります。

しかし、好意的なものだけでなく、悪いものに対しても「誠意」を持って返信しましょう。悪い意見を見たとき、お店側が誠心誠意返信をしていれば好感を持てませんか?

たとえ厳しい意見が書き込まれていたとしても、誠意のある返信内容を見れば逆に印象が良く見え、ユーザーからのお店の評価は上がりますよね。

また、一度書き込まれた口コミは削除することができません。

これはGoogleが現実の世界をありのままに伝えることをポリシーとしているからです。

悪い意見が記載されたとしても、丁寧な返信を心掛け、誠心誠意返信しましょう。

MEO対策で上位表示の仕組み

MEO対策を行う上で上位表示の仕組みも知っておきましょう。

Googleマイビジネス上位表示の仕組みとして、「関連性」「距離」「知名度」の3つの項目が挙げられます。以下のようにGoogleはMEOの仕組みを公開しています。

ローカル検索結果のランキングが決定される仕組み
ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度などの要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

では3項目を詳しく見ていきましょう。

MEO対策における「関連性」

関連性は、「検索キーワードとマイビジネスの内容が合致できているか」を指します。

ビジネス名や基本情報を含め、マイビジネスの内容を上位表示させたいキーワードへ関連性を高めることが重要です。

MEO対策における「距離」

距離は、「検索キーワードで指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離」を指します。

ユーザーがいる物理的な場所も重要な要因の1つです。

東京で「ラーメン屋」と検索したときと、沖縄で「ラーメン屋」と検索したときの結果は異なるということです。

MEO対策における「知名度」

知名度は、「あなたのお店(ビジネス)がどれだけ広く知られているか」を指します。

Web上の知名度だけでなく、多くの人に知られている有名な美術館やランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つ店舗などは、知名度が高いと判断され表示されやすくなります。

MEO対策で上位表示を狙う場合は以下の記事で詳しく紹介していますのでご覧ください。

ガイドライン違反に関して

Googleはマイビジネスを運用していくためにガイドラインを設けています。

違反を行った場合はGoogleマップに表示されない等のペナルティが存在します。最悪の場合アカウントの停止にまで発展します。もしアカウントの停止を受けたら被害は甚大になりますよね。

違反が厳しいということを踏まえてMEO対策を専門の会社に委託する際は注意しなければいけないことがあります。
それはSEOと同様に、MEO対策も悪質な業者が存在していることです。

悪質な業者は法外な費用の請求や月額料金を延々と支払わされることがあります。
また、MEO対策の施策に関してもガイドラインを無視し、違反と知りながら行っていたりします。

例えば

  • 他店舗の低評価や低レビューを行い、誹謗中傷のような書き込みをする業者
  • 自店舗の高評価や高レビューを行い、サクラのような対策をする業者

など、こちらは全て違反です。

何がGoogleマイビジネスの違反になるのか禁止および制限されているコンテンツを自身で一度確認することをおすすめします。Googleマイビジネスのペナルティは委託した側のサイトに甚大な影響を及ぼしますが、悪質なMEO対策の会社にはペナルティが発生しません。

MEO対策を委託する際は施策実績が多い会社や、Googleマイビジネスのガイドラインに沿った対策をしている会社を選ぶようにしましょう。

MEO対策の費用に関して

実際にMEO対策をするには費用が高額になるのでは?と不安に思う方がいるのではないでしょうか。

結論、MEO対策の費用はとてもリーズナブルです。

ではここでWEB集客の手法でよく使われている、リスティング広告とSEOで比較してみましょう。

リスティング広告は入札方式になっています。
特定のキーワードが検索されると連動して広告が表示され、入札額の高いものが優先的に表示する仕組みです。

その為、各店舗や企業が競り合っているので年々入札額が上昇しています。
一概にはいえませんが、大体30万円前後が広告費用の相場といわれています。

SEOはサイトの規模や目的によって値段が変化していきます。
これも一概にはいえませんが大体10万円以上が相場といわれています。

MEO対策は相場では2~5万円の場合が多く、設定価格が安い点と、日額成功報酬で対応しているため成果がでなければ費用が発生しない点の2点の特徴があります。

この様にMEO対策を外部の専門企業に委託する場合でもリスティング広告やSEOに比べ費用をかなり抑えることができます。

MEO対策の相場など詳細を知りたい方はこちらをご覧ください。

まとめ

「MEO対策」という言葉を最近よく見かけるようになり、気になってこのページを見つけたのではないでしょうか?

MEO対策は店舗型のビジネスにおいて新しい集客手法の一つとして注目されています。
本記事では、MEO対策とは何?からMEO対策の具体的なやり方、メリットや仕組みまで解説しました。

SEOと同じくMEO対策はやる/やらないで必ず表示順位に差が出てきます。
まだMEO対策を始めていない場合、今からでも遅くないので始めてみましょう!

弊社ではGoogleマイビジネスの登録から、Googleマップ専用枠であるローカルパックでの上位表示まで、一貫して代行することも可能です。

自分でやってみたけどよく分からない、なかなか上位表示できない、などMEO対策でお困りの場合は是非一度、弊社までご相談ください。

WRITER

MEO対策とは?具体的なやり方と上位表示の仕組み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう